校長のブログ
0 0 0 1 5 4 7

校長のブログ

【校長のブログ】2/22 受検生の皆さんお疲れさまでした。

 本日は肌寒い雨混じりの日となりました。入試期間がありましたので、当ブログは2週間ぶりの掲載となります。さて、その令和6年度入学者選抜試験ですが、昨日は学力検査、本日は面接をそれぞれ実施し、無事に終了しました。今週だけでも温度差がかなりあり、受検生の皆さんも体調管理が難しかったかもしれません。2日間本当にお疲れ様でした。手ごたえはどうでしょうか。本日はゆっくり休んでいただきたいと思います。また、受検生の保護者の皆様、お子様の出願手続きから本日の面接までいろいろ神経を遣うところもあったのではないかと拝察します。電子出願もあり、慣れない中で誠にありがとうございました。受検はそう何回もあるものではありません。我々学校側もミスが許されない中、緊張しますが、受検生の皆さん、保護者様は本当に緊張の連続であったのではないでしょうか。合格発表は3月1日(金)となりますのでしばらくお待ちください。受検生の皆さんは、保護者の方、これまでお世話になった方々に感謝の気持ちを忘れず過ごしていただきたいと思います。

【校長のブログ】2/8 第2回学校評議員会・学校評価懇話会

 一昨日の6日(火)に今年度2回目の「学校評議員会・学校評価懇話会」を実施しました。降雪の影響で開催できるか心配しましたが、6限の授業見学に続いて、会議を予定通り行うことができました。学校の魅力化やICT教育の進捗、生徒の募集の在り方、生徒指導など、学校が抱える課題について生徒代表からも意見を聞くことができました。会議でいただいたご意見を参考に今後の学校運営に活かしていきたいと思います。評議員の皆様、お忙しいところ来校いただきまして誠にありがとうございました。

   

   

 

【校長のブログ】2/6 大雪のあとで~雪かき&発表授業~

 昨日午後からちらちらと雪が降り始め、午後4時以降は大分まとまった降雪となりました。本日の授業を予定通り行えるか心配しておりましたが、幸い夜半には雪も止み、東武鉄道も朝から平常運転でしたので通常授業といたしました。生徒たちにも大きな混乱はなく、ほっとしているところです。私も学校が心配で平常より早く学校に着きましたが、教職員に混じって何名かの生徒が雪かきを積極的に手伝ってくれました。寒い中での温かい行動、本当にうれしかったです。朝早くから雪かきをしてくれた生徒の皆さん、教職員の皆さんありがとうございました。職員玄関の周囲を雪かきしてくれたE2AのYくんは、雪なので通常よりかなり早く家を出たとのこと。その心がけは社会に出てからもきっと役立つと思います。「世界は誰かの仕事でできている」とは7~8年前(もっと前でしょうか?)に缶コーヒーのCMで使われたキャッチコピーですが、今日もくもくと雪かきをしている皆さんのことを見てふとこの言葉を思い浮かべました。本日は予想していたよりも欠席は少な目で普段と変わらぬ生徒たちの活動が見られました。3限の家庭基礎の授業では、E2Bの生徒たちがトピックス学習を行っていました。冬休みから班ごとに防災をテーマにそれぞれが調べたことを発表しあう授業です。班ごとに発表し、観察者はメモをとり、ベストプレゼンターは誰か、プリントに書き込んでいきます。元日に能登で大きな地震があったこともあり、生徒たちは自分たちで掴んだ情報をわかりやすく観察者に伝えていました。お疲れ様でした。

 

【校長のブログ】2/1 如月の候~体調管理に気をつけて~

 2月に入りました。「2月は逃げる」などといいますが、実際に他の月より数日短いだけなのにあっという間に月日が過ぎる気がいたします。一日一日落ち着いて大切に過ごしたいものです。本日は日中季節外れの暖かい強い風が吹いています。先週と比べると温度にかなりの違いがあります。予報では来週月曜日、火曜日はかなり冷え込むとのこと。寒暖の差があると体調を崩しやすくなりますね。生徒の皆さんも栄養と睡眠をしっかりとって元気にすごしてもらいたいと思います。また、大分乾燥もしているのでうがいや水分補給も適切にお願いします。本校では3年生が火曜日から家庭研修期間に入りましたが、先週から学級閉鎖が切れ目なく続いている状況です。コロナもインフルエンザも同程度に発症しているような様子ですので、どうか感染症予防に引き続き気をつけていただきたいと思います。さて、今年度の県公立高等学校の学力検査までちょうど3週間となりました。私立高校の入試は今まさに、たけなわといったところかと思います。県公立高等学校の学力検査は21日(水)、面接は22日(本校は面接実施校です)に行われます。すでにHP上でもご案内のとおり、本校は電子出願手続き実施校であり、先月の18日から出願が始まっています。出願手続きは2月9日(金)正午までとなっておりますのでどうぞよろしくお願いします。

【校長のブログ】1/29 1年を振り返って~課題研究発表会実施~

 本日は朝から穏やかな暖かい日になりました。すでにHPに掲載のとおり本日令和5年度3科合同課題研究発表会が行われました。岩谷春日部市長様をはじめ、埼玉県教育委員会、関係の大学の皆様、進路先の企業の皆様、PTA会長様、同窓会長様、保護者の皆様にご来場いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。誠にありがとうございました。体育館での開会式で、私からは3年生に「自分自身の言葉で語ること」、「研究の動機、工夫点、苦労した点を特に重点に話すこと」をお願いしました。今日の発表はどうだったでしょうか。課題研究は3年生時に1年をかけて取り組む授業です。製作や研究の過程で思い通りにいかないこともあったと思います。そのときに原因を突き止めて改善していく、例えばグループで協議したり、先生方と議論したりしたこともあったでしょう。そのような取組が自分自身を大きく成長させる糧になると考えます。発表が終わった今、3年生の皆さんはあらためて1年を振り返ってみて欲しいと思います。また、2年生、1年生の皆さんは来年、再来年に課題研究が待っています。少しづつ自身の興味関心のある分野は何かを自問自答して充実した課題研究ができるよう準備して欲しいと思います。3年生の皆さん、本日はお疲れ様でした。

【校長のブログ】1/27 世界一かんたんなモーター

 大寒を過ぎて立春までの間、今が一番寒い時期と昨日記載しましたが、今日も本校では部活動に励む生徒たちの元気な声が響いています。寒風吹きすさぶ中、屋外では野球部、サッカー部、陸上部、ハンド部、ソフトテニス部の部員たちが汗を流し、体育館ではバレー部、バスケット部、格技場では柔道部、剣道部が熱心に練習に取り組んでいました。競技によっても違いますが、冬は鍛錬の季節。寒さに負けず頑張って欲しいと思います。さて、本日は春日部第2児童センター(グーかすかべ)で本校科学部が小学生を相手に科学講座を行いました。以前にも紹介させていただきましたが、地域連携、小高連携事業として2か月に1回実施しています。本日はタイトルのとおり、電池と磁石と銅線を使用してモーター(単極モーター)をつくるという実験でした。「フレミングの左手の法則」は中学校で学習しますが、まさしくこのかんたんなモーターは左手の法則の原理を使ったものです。科学部の部員5名は参加した小学生のグループに入り、銅線を曲げたり、磁石の向きを変えたりと活躍しておりました。うまく銅線が電池の周囲を回り始めると、子供たちは(保護者様も)大喜び!楽しく実験することができたと思います。このような科学講座をとおして少しでも理科や工業に興味をもっていただければ幸いです。参加していただいた皆様、本日はありがとうございました。

 最後は左手の法則ポーズで決めっ!お疲れ様でした。

【校長のブログ】1/26 大寒を過ぎて~課題研究発表会近づく~

 先週17日に春日部市議会への訪問記事を掲載してから、しばらく時間が経ってしまいました。1月20日の大寒(だいかん)を過ぎて、その名のとおり寒い日が続いています。生徒の皆さん、体調はどうでしょうか。大寒から立春(今年は2月4日)までの間が1年で最も寒い時期です。寒さに負けず、しっかり食べて、しっかり動いて毎日を過ごしましょう。現在1クラスが感染症の影響で学級閉鎖になっていますが、これ以上閉鎖が出ないよう、引き続きの予防に努めてくださいね。さて、学校では本日3年生の学年末考査が終了し、午後からは1月29日の月曜日に開催される「3科合同課題研究発表会」の準備に追われていました。当日に向けてポスター発表の準備、成果物の展示、スライドの準備等いろいろあります。もちろんそれらに加えてどのように発表するか、説明するかが大事です。「課題研究」は工業高校の学びの集大成の授業であり、リアルタイムに対面で発表者がご参加いただいた皆様に対して取組を説明したり、質問されたことに対して答えることが最大の見せ場です。1,2年生は積極的に3年生の先輩方に質問をぶつけてください。それが自身の課題研究のテーマ選びに役立つと思います。月曜日は岩谷春日部市長様、県教育局の指導主事の皆様、大学関係者様、進路先の企業の皆様をはじめ多くの皆様が来校予定です。素晴らしい3科合同課題研究発表会になることを期待しています。頑張りましょう!

※この場をお借りして、当日のパンフレットにあるあいさつ文を共有させていただきます。

R060129 3科合同課題研究発表会開催にあたって.pdf

                                                                 

 

【校長のブログ】1/17 春日部市議会意見交換会に参加しました。

 昨日16日に春日部市議会「高校生と議会の意見交換会(議会報告会)」に生徒会メンバー24人が参加し、春日部市議会議員の方々と意見交換会を行いました。場所は出来たばかりの春日部市役所新庁舎5階の春日部市議会会議室です。意見交換会の前には、市議会議員の皆様に議場を含めた新しい議会エリアを説明していただき、生徒たちは熱心に見学をしました。市長室では岩谷市長とも記念撮影をすることができました。その後8人ずつの3グループに分かれて、春日部市の特色化、物流問題、支援策について議員の方々と意見を交換した後、最後は全員で各グループで討議したことを発表しあいました。最初は緊張気味だった生徒たちですが、次第に雰囲気にも慣れてきて最後は堂々とグループで話し合ったことを述べていました。生徒たちにとって思い出に残る一日となりました。このような貴重な機会を与えていたただきました春日部市議会の皆様、事務局、関係者の皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

最後は全員で記念撮影をしました。誠にありがとうございました。

 

【校長のブログ】1/15 主体性をもって

 週末は全国で大学入学共通テストが行われました。センター試験に代わって今年で4回目の実施となります。本校でも共通テストを受験した生徒がおりましたので、結果が気になるところです。受験者が多い学校では今日の午前中は自己採点をしているころでしょうか。全受験生の皆さんひとまずお疲れ様でした。さて、本日は建築科1年生の「建築計画」の授業を参観して「主体性」の重要性を再確認しました。知識構成型ジグソー法を用いた授業でしたが、「3年間長期出張するならどの地域?」というテーマで最終的にはグループ別の発表と質疑応答があり、どの班も主体性をもって楽しく授業に参加していたと思います。授業の性格から「建築と環境」の関わり方を意識し、出張期間3年という時間軸も考慮に入れながら、各グループごとに主体的に学習が進んでいました。どんなに教員の解説がうまくても、学習者がその気に(主体的・能動的に)ならなければ真の力はつかないと思います。埼玉県における知識構成型ジグソー法への取組はすでに10年以上になり、その知見もかなり高まってきました。ジグソー法もそうですが、主体性を伸長するための工夫は以前から様々な取組がなされています。大学入試も以前に比べてかなり総合選抜型が増えてきた中で、本校としても個々の主体性をもっともっと伸ばしていかねばならないと感じました。曽原先生、A1Aの皆さんありがとうございました。

【校長のブログ】1/12 電子出願いよいよです。

 本校ホームページの「お知らせ」部分に、「電子出願手続」に関する情報を掲載いたしました。今年度実施の入学者選抜において、本校は「電子出願手続実施校」です。電子出願は1月18日(木)正午から可能となります。出願される受検生の方、保護者様は内容のご確認をどうぞよろしくお願いします。

校長より

記事

庄和の大凧を寄贈いただきました

道の駅庄和様から、春日部大凧祭りで有名な大凧の図柄をした凧を寄贈いただきました。11月5日・6日に実施したコラボ「わくわく体験イベント」の御礼とのことです。日頃の生徒の学習の発表の場をご提供いただけるだけでなく、このような心遣いをいただき心から感謝申し上げます。

この凧は名が高くまで上がるという縁起物で出産祝いや節句などのお祝い品に贈られる方が多いそうです。凧に画かれている文字は「建築科」。長年コラボレーションさせていただいているので、「機械科」「電気科」と3学科の凧が校内に揃いました。縁起物の凧の如く、三学科の生徒たちが高くまで名をあげてくれることを願います。

 

 

ICTの活用に関する研究授業

11月10日(木)、機械科1年B組の工業情報数理の時間で、総合教育センターで取り組んでいる「GIGAスクール構想における1人1台/BYOD環境を生かしたICTの活用に関する調査研究」の研究授業を実施しました。

単元は「情報化社会のモラルと管理」で情報社会の中で自他の権利を守ることや情報モラルの重要性を理解します。スマホで回答した内容をリアルタイムで集計することができるMentimeterで、クラスメイトのスマホの使用状況や人それぞれの感じ方の違いを実感したり、グループで共通のボード上にお互いの意見を書き込みすることができるGoogle Jamboardを活用して「情報発信で気をつけること」についてグループの意見をまとめて発表する授業を行いました。グループごとに様々な視点で見事に意見をまとめ上げました。

令和5年度入学生から1人1台学習用端末環境の整備が進みます。その環境を有効活用する好事例となる授業でした。 

 

異校種授業研修会

11月4日(金)、総合教育センター主催の異校種授業研修会の会場に本校を活用いただきました。教職5年目を迎えた幼稚園、小中学校、特別支援学校の先生方37名が来校され授業見学や研究協議を行いました。

工業高校に初めて足を踏み入れた先生方も多かったと思いますが、工業高校の学びの特色や面白さをご理解いただければ幸いです。

本校をSTEAM教育の拠点として活用していただき、幼稚園、小中学校、特別支援学校との交流で教育効果を高めるなど夢が膨らみます。

 

埼玉県産業教育フェアに向けて

埼玉県産業教育フェアが、11月12日(日)に、ソニックシティで開催されます。スタンプラリーで使用されるスタンプを本校機械科で製作中です。

スタンプ本体は、3Dプリンタで作成し、天には上下を示す矢印を浮き出しています。また、握りは非常に手に馴染む仕上げになっています。そして印影は、指定の図柄をレーザー加工機で精密に加工し、デジタル加工機がふんだんに活用されている一品となっています。

是非、産業教育フェア会場で、スタンプラリーにチャレンジして工業高校の加工技術を体験ください。

毎日の積み重ねが大切(安全教育)

機械科2年生の実習の様子を見学しました。

実習の開始前には全員で安全心得を確認します。

一、正しい服装

一、正しい姿勢

一、正しい操作

一、回転中は手を出すな

一、機械操作は手袋をするな

一、スイッチは二重に切れ

実習のたびにこの安全心得を確認することで、危険を伴う作業を安全にこなす技術者の心構えが染み込むように育まれます。

講義中の黒板にも、5Sの言葉が、

 「整理」、「整頓」、「清掃」、「清潔」、「躾」

作業の手本も無駄なくキビキビと、危険感知能力を養っています。

 

機械科だけでなく電気科や建築科でも同様に安全教育は実習の度に指導しています。

【産振南埼玉支部】発明創意くふう展及び研究発表会

9月30日(金)午後、本校視聴覚室、大会議室を会場に産業教育振興会南埼玉支部の発明創意くふう展及び研究発表の審査を行いました。

春日部市、越谷市、八潮市、蓮田市、久喜市、白岡市、宮代町の7市町から推薦された工夫やアイディアに溢れる作品が、小学校30作品、中学校29作品、研究発表(中学校)10点が集まりました。審査は、小中学校の役員・専門委員が厳正に行い、上位県大会に推薦する作品を決定しました。各市町から推薦された作品だけあって力作ばかりで感心させられました。県大会でも是非入賞して欲しいと願っています。

小中学校時代に自分で考えて一つの作品を作り上げる「ものづくり」や「研究発表」の経験は貴重なものです。夏休みに作品を作った一人一人の子どもたちの大きな成長に繋がっていると思います。

当日の運営や審査は、南埼玉支部の小中学校の先生方に支えていただきました。心から感謝します。春日部工業高校は、地域の小中学校と連携協力して産業教育を支えていきます。

 

PTA実習見学会

9月26日(月)~9月30日(金)までは、PTA実習見学会です。各クラスの実習の時間に合わせて授業公開を行っています。コロナ禍のため、昨年度は実施できませんでしたので、保護者の皆様には久しぶりの工業科の授業を見学する機会となりました。

専門的な説明も多かったかと思いますが、お子様の普段の生活では見られない実習中の真剣な表情や、グループで和気あいあいと協力しながら作業を進める姿をご覧いただけたと思います。お忙しい中、御参加いただいた保護者の皆様に感謝申し上げます。

なお、今週は校内でも授業公開週間としています。教職員がお互いの授業を観察しあうことで、授業力の向上と生徒理解を深めます。

ものコン電気工事部門直前です

埼玉県工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門が、6月25日(土)に開催されます。

本校からも電気科3年生の2名が選手として出場します。本番直前となり練習も熱が入っています。彼らは、このコンテストに向けて毎日練習を重ねてきました。また、株式会社関電工のスペシャリストの方々にも御指導をいただきました。

そして、テーブルの後ろでは廃材を整理してくれる仲間がいます。選手をサポートする献身的な姿勢に私も頭が下がります。当日は、県内から強豪選手が集まりますが、仲間に感謝すると共に、自分が重ねてきた鍛錬を信じて、存分に実力を発揮して欲しいと思います。

 

第2種電気工事士筆記試験に向けて

通勤電車の中では、多くの高校生が英単語を暗記していたり、スマホをいじっています。その中で、電気工事士の問題集を開いている本校の生徒を見かけました。
明日は、第2種電気工事士試験の筆記試験があります。本校は、県内の工業高校でもトップクラスの合格者数を誇っています。
受験する93名の生徒に皆さん、毎朝の補習で実力は身についていると思います。明日は自分を信じで全力を尽くしてください。

令和4年の始まりです

格技場では、朝早くから柔道部が恒例の寒稽古を行っていました。柔道場は、多くの柔道部関係者に来校いただき校長室にも伝わるぐらい熱気に溢れていました。その他にもグラウンド、体育館、剣道場と多くの部活が活動をスタートしています。

電気科管理室前で検温の文字とともにお正月飾りを見つけて、電気科の先生方のちょっとした心遣いを感じました。現在、オミクロン株が心配されますが、令和4年も生徒の皆さんが活躍できる良い年になりそうです。