校長挨拶

校長挨拶

校長挨拶

~技を磨き心を育む~

校長 荻原康之

 春日部工業高校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 

  本校は、昭和39年に開校し、今年で、創立56年目となります。「機械科」、「建築科」、「電気科」の3つの学科が併置されている、男女共学の工業高校です。「誠実・責任・創造」の校訓のもと、充実した施設設備を整え、各学科がその特色を生かし、あらゆる教育活動をとおして「技を磨き心を育む」教育を進めています。また、各分野のスペシャリスト育成を目指し、全教職員が一丸となってサポートしています。本校の特色は以下のとおりです。

(1)資格取得に向けた熱心な指導

専門性の高い教師陣が毎日熱心に指導しています。

資格取得者数は、県内トップクラス、全国屈指です。

資格取得を参照してください。)

(2)きめ細やかな進路指導

30%以上の生徒が進学しています。

就職希望者の内定率は100%です。

進路を参照してください。)

(3)活気あふれる部活動・学校行事

運動部は、関東大会や県大会に出場しています。

文化部は、工業系の各種コンテストで全国大会出場も果たしています。また、各種文化的活動にも参加しています。

部活動を参照してください。)

(4)抜群の交通アクセス

東武スカイツリーライン 北春日部駅から徒歩3分。

駅からとても近いので、3年間快適な通学ができます。

本校へのアクセスを参照してください。)

(5)温かみのある生徒指導

高校卒業後、社会で通用する人間の育成を目指し、温かみと厳しさのバランスをとった指導を行っています。

 本校の生徒は、学業、進路実現、部活動、学校行事等に、熱心に取り組んでいます。また、本校を巣立っていった卒業生は1万名を超え、様々な分野で活躍しています。春日部工業高校は、地域、大学、企業等との連携を強め、新たな一歩を踏み出していきます。

校長より

記事

オンライン授業研修会

緊急事態宣言の中で2学期がスタートしました。現在、本校では教室内の生徒同士の間隔を十分に確保するため、午前と午後で登校する生徒を半分にする分散登校を行い、自宅で学習する生徒は課題に取り組むように指示をしています。

緊急事態宣言が9月30日まで延長されたことを踏まえ、今後はオンラインでの授業が想定されることから、本日、google meetを使ったオンライン授業の研修会を開催しました。

既にオンライン授業を実践されている先生を講師に、実際の授業を想定し、効果的な画面共有の方法や飽きさせない授業の進め方を研修しました。

リモート補講

8月4日(水)、生徒がいない小会議室から、英語の授業の声が聞こえました。英語検定を受験する生徒からの要望で個別に補習を計画していたそうですが、緊急事態宣言を受けて、google meetを活用してリモートで補習を行っているそうです。

その他、校内では、暑い中、とび技能検定や第1種電気工事士など多くの生徒が補習に参加しています。生徒の皆さんには、今、できることを工夫して、資格や検定にチャレンジして自分を高めてほしいと思います。

猛暑の中、生徒の補習に取組んでいただいている先生方に感謝です。

 

技能検定3級とび職講習会

7月9日(金)放課後、3級とび技能検定の講習会がスタートしました。今回は建築研究部の8名が受験をします。本日は、熟練技能者である野口様、山口様に御指導いただきました。

梅雨空で時折り小雨の降る中の講習会となりましたが、実際の現場では雨の日も作業をおこなうこともあります。今回の講習会をとおして仕事の厳しさも体感してほしいと思います。

本日は初日ということで、足場組立の作業に戸惑っている生徒もいましたが、実際の工事現場で活躍されている熟練技能者の指導のもと、数週間後には機敏な動きに上達するとともに、仕事に対する心構えもしっかりと培われていくことでしょう。

ジュニアマイスター顕彰説明会

6月25日(金)、令和3年度前期ジュニアマイスター顕彰申請の説明会がありました。多くの資格取得にチャレンジした生徒が説明会に参加していました。自分の個性を伸ばすためにも、是非、多くの資格取得に高校時代にチャレンジしてほしいと思います。そして、ジュニアマイスターも一つの目標になると思います。

※ジュニアマイスター顕彰とは、全国工業高等学校長協会が工業系学科の生徒が職業資格の取得や技術・技能検定の合格を通して、工業に関する知識・技術・技能を習得し、自信と誇りを持って、産業界で活躍できるよう励ますことを目的した顕彰制度です。検定や資格の難易度によって点数が定められ、高校在学中に取得した合計点で45点以上がゴールド、30点以上がシルバー、20点以上がブロンズとして表彰されます。

第2種電気工事士試験(筆記)直前です

 第2種電気工事士試験(筆記)が、5月30日(日)に行われます。今朝7時40分、電気計測実習室と視聴覚室を覗いてみると、熱心に模擬試験に取組む生徒の姿がありました。今回の申込者は142名、電気科の生徒はもちろん、機械科、建築科の生徒も62名の申込みがありました。電気科以外の生徒の受験者が多いのも本校の特徴です。筆記試験合格に向けてラストスパートで頑張ってほしいと思います。長期に渡って朝補習を指導してくださる電気科の先生方に感謝します。

君塚忠男先生(本校元学校歯科医)が瑞宝双光章を受賞されました

長年にわたり本校の学校医をお引き受けいただきました君塚忠男先生が瑞宝双光章を受賞されました。本日、校長より伝達させていただきました。誠におめでとうございます。
君塚先生は、昭和50年から今年3月までの45年間の長期にわたり本校の学校歯科医を務められました。また、平成16年から12年間、本校の学校評議員も兼務され、学校運営と学校保健教育の両面から御協力いただいております。
先生は、現役の歯科医として春日部市内で治療にあたられていらっしゃいます。益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

体育祭有志応援団打合せ

 コロナ禍の中で、学校行事には感染症予防のため様々な制限があります。

 今年度の体育祭は、競技種目の変更など感染症対策を十分に生徒会で検討しながら実施する予定です。

 生徒会からの提案で体育祭の昼休みに有志の応援団による応援を行うことになりました。本日、打合せのため有志希望者が視聴覚室に集まりましたが、思った以上の人数です。 

 

 

 

 

 

 

 長引く自粛生活で、多くの人が不安や悩みを抱え、ストレスを感じていると思います。母校愛に溢れる有志応援団の生徒の皆さんで、多くの人に元気を届けて欲しいと思います。