資格取得

資格取得

平成31年度 資格取得案内


「平成31年度に取得できる資格および主な技能講習・検定の一覧」
をクラス掲示いたしました。今後、計画的に取得できるように、ご家庭でも
ご相談ください。
また、不明な点がございましたら、三者面談等でご質問をいただきたいと
思います。

資格取得一覧(H31).pdf

資格指導が始まっています。

「平成30年度に取得できる資格および主な技能講習・検定の一覧」
をクラス掲示いたしました。今後、計画的に取得できるように、ご家庭でも
ご相談ください。
また、不明な点がございましたら、三者面談等でご質問をいただきたいと
思います。

 資格取得一覧(H30).pdf

危険物乙種全類取扱者

       危険物乙種全類取扱者の資格を取得しました。


 本校では希望者に、週1回の7時30分からの「朝補習」で、危険物乙種
取扱者の試験に向けて学習を行っています。
 平成28年は現在、朝補習対象者並びに自分で学習を行った生徒から
11の危険物乙種全類取扱者の合格者が出ました。

 

 
危険物はその性質により第1類から第6類まで分類されています。

第1類危険物:酸化性の固体
                   (不燃性で酸素供給源の役目をする。)
第2類危険物:可燃性の固体
                   (可燃性で比較的低温で着火しやすい。
         酸化剤を混ぜたものは、衝撃などにより爆発する。)
第3類危険物:自然発火性・禁水性の液体・固体
                    (可燃性で空気・水と接触することによって発火する。)
第4類危険物:引火性の液体
                    (可燃性で蒸気は空気と混合すると引火・爆発する。)
第5類危険物:自己反応性の液体・固体
                    (可燃性で酸素を含有する物質で、空気がなくても物質自身
                     から酸素を出して自己燃焼する。燃焼速度が速い。)
第6類危険物:酸化性の液体
                    (不燃性で可燃物と混ぜると発火しやすい。腐食性がある。)

アーク溶接技能講習会

 

アーク溶接技能講習会
  11月21日(土)・22日(日)・23日(月)の3日間で、労働安全衛生管理協会による、アーク溶接の国家資格取得の講習が、本校を会場に実施されました。
 1日目・2日目の「学科講習」と、3日目の「実技講習」を本校生徒106
が受講しました。


危険物取扱者乙種全類

危険物取扱者乙種全類の下半期の学習会が始まりました。

 7月で終了した危険物取扱者乙種「全類」の上半期学習会に続き、全19回・4ヶ月間の下半期の学習会が11月2日(月)7時30分より始まりました。
 この学習会は、すでに乙種4類(引火性液体)を取得している生徒達を対象に実施しており、残りの1・2・3・5・6類を取得して、全類の合格をめざすものです。
  

 受験を予定している試験の日程と種類は、以下の通りです。

12月20日(日)第2類(可燃性固体)危険物取扱者試験(熊谷地方庁舎:熊谷市)
 3
月 6日(日)第1類(酸化性固体)・第6類(酸化性液体)危険物取扱者試験(東京国際大学:川越市)
 
ちなみに、参加者の内の2名は、上半期の学習会より参加しており、次回の試験で合格すると「全類」の取得となります。

第2種電気工事士実技補習奮闘中

□6月27日(金)電気化実習室
7月下旬に控えた第2種電気工事士実技試験に向けて、毎朝「0次限授業」が続いています。
6月1日の筆記試験を突破した約100名が実技試験に挑みます。全員合格を目指してがんばれ!!

  

資格取得に向けた補講はじまりました!

「電気工事士」「危険物乙種全類取扱試験」に向けた補習がスタートしています。
 
○電気工事士を目指し、朝7:30から「0次限授業」と称してほぼ毎日、朝補習が行われています。
  
 
○危険物取扱者の資格、乙種4類をはじめ全類取得を目指した補習もおこなわれます。
 
■乙種4類、乙種全類合格に向けた補習の案内
 
■本校で取得できる資格一覧をご覧ください。