【校長のブログ】6/19 未来の先生活躍中!①

 昨日から一転、強い日差しが照り付ける暑い日になりました。学校では、先週から教育実習生の受け入れが始まり、本日は機械科実習生の研究授業が行われました。機械科3年生の「機械設計」という授業でした。機械科目の中でも設計理論を扱う内容であり、どうしても計算が多くなります。生徒たちにいかに興味をもってわかってもらうか、いろいろな工夫をしながら授業を展開していたのが印象的でした。一番感じたのは、授業で学んだことが実際の現場にどう関係するのか(役立つのか)といった視点が明確であったことです。授業者としていかに興味関心を生徒から引き出すか、また与えられるかが腕の見せどころです。それにはやはり経験と知識が必要です。是非、頑張って教員採用試験を突破してください。そしてその暁には、焦らず学び続ける教員になっていただきたいと思います。頑張れ教育実習生。頑張れ春工卒業生。

計算式を変形して、電卓を叩いて、ウーム・・・できたかな。

教育実習生は春工の先輩でもあります。生徒の皆さんは是非、先輩に高校時代のことや進路のことをどう考えたかを聞いてみてください。