保健室より

保健通信 6月号 ネット依存による危険性

ネット依存による危険性
 
今の子供たちも大人もITの普及によりスマホ携帯端末を片時も手放せません。災害時に役立つ面もあれば、メディア依存という害になるネットの光と闇。知ってますか?スマホ症候群やゲーム脳
スマホ症候群
 長時間スマホを操作・閲覧し続けることにより起きる、眼精疲労やドライアイ、視力低下、肩こり、首こり、手や肘の腱鞘炎の症状を総称して呼びます。長時間の利用は避け、こまめに休憩をとるようにしましょう。
ゲーム脳
  毎日長時間ゲームをしているために創造性や理性、道徳心等の人格形成を司る脳「前頭前野」(額の内側)の活動を反映するβ波が低下かまたは無し状態になった脳を呼びます。感情の自己コントロールがきかず、キレやすい状態になってしまいます。思い当たる節はありませんか?親に注意され、キレてしまったり・・・・・・ゲームしたら気分転換に音楽を聴いたり、運動するのも良い習慣ですよ。