保健室より

熱中症を予防しよう

 熱中症を予防しよう
 急に高温多湿となりニュースでも周知のとおり、すでに熱中症で救急搬送された患者が発生しております。体調管理は、大丈夫ですか?こまめな水分補給が重要です。
 高温多湿下晴れでは、汗が蒸発しにくく、熱中症になりやすいので、気をつけましょう。!
 少しでも意識障害があったり、水分補給を受け付けなかったり高体温の場合は、迅速に応急処置を行い、救急車を要請し、病院病院で点滴を受ける必要があります。 
 
 

◆熱中症の種類

種類

重傷度

主な原因

症状

処置

けいれん
軽度
(Ⅰ度)

大量発汗による塩分不足

脚や腹の筋肉の痛み・けいれん

① 検温

② スポーツドリンク補給

③ 涼しい所に運んで寝かせる

④ 衣服をゆるめる

⑤ 脚を高くする

熱疲労

中等度

(Ⅱ度)

皮膚血管が拡張し血液の流れに異常をきたしたため

水分、塩分不足

疲労感
吐き気
めまい
顔面蒼白
頻脈(脈が速く弱い)
血圧低下

熱射病

重症
(Ⅲ度)

体温上昇による中枢神経障害

症状改善なし
自力で水飲めない
高体温
発汗停止
意識障害
呼吸停止
死亡危険性

緊急事態
① 風通しのよい日陰に寝かせる
② 衣服をゆるめる
③ 検温(高体温?)
④ 直ちに氷等で、首・額・脚の付け根・おでこ等の太い血管を冷やす
⑤ エアコンや扇風機をあて涼しくする
⑥ 脚を高くする
⑦ 意識があればスポーツドリンク補給
⑧ 意識障害がある場合や症状が改善しない場合は、救急車要請