機械科
0 2 6 7 3 8

機械科

1 専門科目内容

 

機械科の専門科目

機械実習  3年間でスターリングエンジンを製作しながら、溶接や鋳造、各種工作機械を使った金属加工法を学びます。他に自動車の整備やエンジン分解、はんだ付け、3Dコンピュータ製図などがあります。

課題研究  1年間各班に分かれて1つのテーマに取り組み、作品の製作や研究、イベント協力などを行い、成果発表会を行います。

機械製図  機械部品や製品の形状を図面に表す方法を、図面を描きながら学びます。コンピュータも使用します。

機械設計  機械や部品に必要な強度を設計するための計算方法を学びます。

機械工作  製品に使われる材料の性質や工作機械・工具の種類、工作方法などを学びます。

自動車工学 エンジンやサスペンション、ブレーキなどの自動車のメカニズムについて学びます。

電気基礎  直流回路や交流回路、磁気、静電気など、機械を動かす電気について学びます。

電子機械  センサやコンピュータを使って機械をコントロールする方法を学びます。

   

 

 

 

スターリングエンジン

機械科では、金属材料の性質や機械の仕組み、構成する部品などを学びます。工作機械を使用しての製作実習や実験の他にコンピュータ教室での学習もあります。

機械科

機械科の主な実習風景

ガス溶接実習

エンジン分解・組み立て実習

旋盤実習

フライス盤実習

マシニングセンタ実習

鋳造実習

情報技術基礎実習

課題研究(ミニ新幹線製作より)