機械科だより
0 3 4 2 2 6

機械科だより

危険物乙種4類取扱者試験合格

       危険物乙種4類取扱者の資格を取得しました。

 令和2年度 危険物乙種4類取扱者試験において、7名(学習会参加者5名・一般受験者2名)の危険物乙種4類取扱者の合格者が出ました。
 また、令和元年度の合格者からは、6名の生徒が乙種全類(1~6類)の合格に向けて、受験を行っています。

 今年度は『密』を避ける関係で、例年実施しています「合格者対象の集合写真」の撮影・掲載は実施しませんのでご了承下さい。

 

0

「春工フェス@イオンモール春日部」参加しました。

「春工フェス@イオンモール春日部」参加しました。

  令和2年12月19・20日にイオンモール春日部1階、藤の広場で春工フェスに参加しました。当日は、春日部工業高校の授業にある課題研究という科目の「ミニ電車製作の研究製作」を選択した機械科3年生17名の生徒達が企画・運営を行いました。

 同イベントは、プレで8月にも行いましたが12月は本番ということでポイントレールや本年度製作中のSL大樹の緩急車と客車の試作品も展示しました。また、今回は生徒企画のオープニングイベントや本年度製作中の緩急車と客車の設計についての研究発表(プレゼン)も行いました。オープニングイベントでは、春日部市長の石川良三さま、北春日部駅長の杉田浩さまにご挨拶をいただきました。

 本イベントではコロナ渦ということもあって、感染防止対策(乗車予約チケット制、1家族1車両乗車、運行毎に車両の消毒)を徹底しました。2日間で600人を超える方々に後試乗いただきました。ありがとうございました。

 

 先輩方が製作したミニリバティにたくさんの子ども達が試乗してくれました。 

 約110メートルのレールを2往復します。今回は分岐レールを設置しました。

 生徒達は安全運航を配慮してレールの状態を常に監視しています。

 受付も感染予防を配慮してビニールカーテンを設置しました。

制服を着せてもらって、写真撮影。パシャ!

  昨年度から製作中のSL大樹と緩急車、客車です。後ろのタペストリーと制服は東武鉄道さまから提供いただきました。

 東武鉄道に就職した関根恭平くん(平成30年度機械科卒業生)が応援に駆けつけてくれました。コスプレじゃありません。ほんものです。

0

自動車技術授業を行いました。

自動車技術授業を行いました。

  機械科2年生を対象とした「自動車技術授業」をマツダ株式会社の技術者の方々にお越し頂き、実施することができました。授業は、講義と実習に分けて1時間ずつ行い、自動車メーカーが取り組んでいる内燃機関の最新技術について講義して頂きました。

 

1 講義

 

     エンジンについて講義を受ける機械科2年生

      マツダ株式会社の技術者様による講義

2 実習

       実車を用いた故障箇所診断の実習

       新型エンジンを見て興味津々

        エンジン始動、大興奮です

0

危険物乙種4類取扱者試験学習会

    危険物乙種4類取扱者試験の学習会が始まりました。


 本日7時20分より、全23回の「危険物乙種4類取扱者」試験の学習会(朝補習)が始まりました。
 

 

 

 11月29日(日)危険物取扱者試験に向け、『密』を避けて、座席の間隔をとって学習します。機械科・建築科・電気科のすべての学科の生徒が参加しています。

0

イオンモール春日部でミニリバティー走らせます。

イオンモール春日部でミニリバティー走らせます。

 

 イオンモール春日部でミニリバティを走らせます。今回は、未就学児から小学生まで限定の乗車会になります。もちろん、お父さん・お母さんと一緒に乗れます。

 

 リンク イオンモール春日部ホームページ

 

 日 時 令和2年8月29日(土)・30日(日)10:00~17:00

 

 場 所 イオンモール春日部1F藤の広場

 

 内 容 ①ミニリバティー6両編成乗車会

     ・密を避けるため1車両あたり1人乗車とします。      

     ・家族なら1車両に3人まで乗れます。

     ・乗車には10:00から配布(無料)する乗車券が必要です。

     ・約30メートルを往復運転します。

     ・毎回、消毒作業のため10分間隔で運行します。

     ・マスク着用にご協力ください。

     ②機関車「大樹」の展示

      今回は展示だけとなります。客車は本年度製作中です。 

     ③成果発表

      内容:どうやってミニ電車をつくったか。

         午前と午後に1回10分程度で行います。   

 

イオン春日部ミニ電車イベントチラシ05.pdf

0