沿革

沿革

沿革

 
  
昭和39年  4月  1日 埼玉県条例第69号(埼玉県学校設置条例)により設置される。
              名   称 埼玉県立春日部工業高等学校 
             設置課程 学科 全日制課程 機械科・建築科
             生徒定員 機械科 240名 建築科 240名
昭和39年  4月  1日 埼玉県立狭山工業高等学校教頭保野良平初代校長に補せられる。
昭和39年  4月15日 開校式、入学式を挙行する。この日を開校記念日とする。
昭和39年  4月16日 埼玉県春日部市大字銚子口500番地、旧豊野中学校を仮校舎として授業を開始する。
昭和39年  5月13日 PTAを結成する。生徒会発足。
昭和39年10月  3日 普通教室棟工事起工式を挙行
昭和40年  3月29日 普通教室棟工事竣工
             本館(鉄筋3階建) 講義室 2室 教室 8室  延1,276.87㎡
             校地面積  42,990.01㎡
昭和40年  4月  1日 新校舎に移転
昭和40年  7月12日 管理棟工事竣工
             管理棟(鉄筋3階建) 図書室 1室 校長室 1室  延784,68㎡
             渡り廊下(鉄筋2階建)221.60㎡
昭和40年  8月10日 実習棟工事竣工
             実習室(鉄筋ブロック造り1部2階建)  延2,478.53㎡
             鋳造室(コンクリ-トブロック平家建)    49.41㎡
昭和40年10月10日 第1回体育祭を挙行
昭和40年11月12日 竣工式、産業教育80年記念工業高校展示会および第1回工業祭を挙行
昭和40年11月12日 校章を制定
昭和40年12月27日 普通教室棟(増築分)工事竣工
             本館(増築分) 教室6室  延515.58㎡
昭和42年  3月14日 埼玉県立春日部工業高等学校同窓会創立総会
昭和42年  3月16日 管理棟(増築分)工事竣工
             管理室4室 特別教室4室  延1,154.25㎡
昭和43年  7月10日 講堂兼体育館工事竣工  1,022.00㎡
昭和43年  8月20日 校旗制定
昭和43年10月20日 校歌を制定
昭和43年11月27日 創立5周年記念、講堂兼体育館竣工式ならびに校歌、校旗発表会を挙行
昭和44年  3月25日 建築科実習棟工事竣工 延545.40㎡
昭和44年  4月  1日 保野良平埼玉県立川越工業高等学校長に補せられ、埼玉県立浦和工業高等学校教頭榎本力蔵校長に補せられる。
昭和46年  4月  1日 埼玉県高等学校の通則の一部を改正する規則により機械科1学級増加となる。
             生徒定員 機械科360名 建築科240名 計600名
昭和47年  4月  1日 榎本力蔵埼玉県立越谷高等学校長に補され、埼玉県立久喜高等学校遠藤正一校長に補せられる。
昭和49年  4月  1日 遠藤正一埼玉県立春日部女子高等学校長に補せられ、埼玉県立久喜高等学校教頭野口通昌校長に補せられる。
昭和49年12月27日 増築校舎(機械科実習棟、特別教室等)工事竣工  延1,555.00㎡
昭和50年  2月  8日 創立10周年記念、増築校舎竣工式を挙行。
昭和51年  1月  1日 野口通昌埼玉県立行田工業高等学校長に補せられ、埼玉県教育局指導課指導主事坂爪祐一郎校長に補せられる。
昭和51年  3月  8日 国旗掲揚塔新設
昭和51年  3月15日 食堂竣工  延357.51㎡
昭和53年  1月17日 交通安全横断歩道整備工事に伴い、校地23.48㎡谷土木事務所へ所管換えのため減ずる。
昭和55年  2月18日 サッカ-場防球ネット設置工事 地上10m
昭和55年11月17日 春日部市と土地の交換を行う。市有地(400-12)451㎡と学校敷地(438-3)
             446㎡ (500-2) 2.95㎡を交換
昭和56年10月10日 ふるとね会館新設工事竣工  1階404.1㎡ 2階341.17㎡
昭和56年11月25日 格技場新設工事竣工  849.38㎡
昭和56年12月21日 自転車置場新設工事竣工  171.35㎡
昭和57年  1月20日 ふるとね会館格技場竣工式を挙行
昭和58年  4月 1日 埼玉県高等学校通則の一部を改正する規則により電気科が新設される。
             生徒定員 機械科360名 建築科240名 電気科240名 計840名
昭和58年11月19日 創立20周年記念式典を挙行。
昭和59年  3月29日 電気科実習棟新設・管理棟増設及びその他改修工事竣工  2,994.62㎡
昭和59年  3月31日 坂爪祐一郎校長退職
昭和59年  4月  1日 埼玉県立大宮武蔵野高等学校長伊賀広志校長に補せられる。
昭和60年  2月  9日 校訓碑建立
昭和60年12月  3日 電気事業法の規定に基づく主任技術者の資格等に関する省令第一条第一項の規定による学校に認定される。
            (通産省告示第490号)
昭和61年  3月31日 伊賀広志校長退職
昭和61年  4月  1日 埼玉県立川越工業高等学校教頭松本昭二校長に補せられる。
昭和62年12月26日 校地南側防球ネット新設工事 地上8m
平成元年  4月  1日 松本昭二埼玉県立川越工業高等学校長に補せられ、埼玉県立越谷南高等学校長金井忠夫校長に補せられる。
平成  2年  3月23日 流域貯留浸透事業およびグランド整備工事
平成  3年  3月31日 金井忠夫校長退職
平成  3年  4月  1日 埼玉県立草加南高等学校教頭岩上力三校長に補せられる。
             埼玉県高等学校通則の一部を改正する規則により男女共学となる。
平成  3年  9月21日 ふるとね会館増改築竣工 
             1階(食堂)562.12㎡ 2階(合宿所等)539.86㎡
平成  5年  3月31日 体育館増改築竣工 1,653.86 ㎡
平成  6年  3月25日 家庭科実習棟新設工事竣工  440.00㎡
平成  6年  4月  1日 岩上力三埼玉県立杉戸高等学校長に補せられ、埼玉県立三郷工業技術高等学校長松本周三校長に補せられる。
平成  6年10月  3日 住居表示の変更により、春日部市梅田本町一丁目1番1号となる
平成  8年  3月31日 松本周三校長退職
平成  8年  4月  1日 埼玉県立三郷工業技術高等学校教頭星野時二校長に補せられる。
平成10年10月12日 HR棟耐震補強工事完了
平成11年  3月31日 星野時二校長退職
平成11年  4月  1日 埼玉県立大宮工業高等学校教頭山田晴彦校長に補せられる。
平成11年10月  8日 管理棟耐震補強工事完了
平成12年  4月  1日 埼玉県立高等学校通則の一部を改正する規則により機械科1学級減となる。
             生徒定員 機械科240名 建築科240名 電気科240名 計720名
平成15年  3月31日 山田晴彦校長退職
平成15年  4月  1日 埼玉県立川口工業高等学校教頭沼沢 武校長に補せられる。
平成15年  9月10日 機械科・建築科新実習棟竣工 1階1,239㎡ 2階614㎡ 3階 733㎡ 4階 654㎡
平成18年  3月31日 沼沢 武校長退職
平成18年  4月  1日 埼玉県立不動岡誠和高等学校長大塚専司校長に補される。
平成20年  3月31日 大塚専司校長退職
平成20年  4月  1日 埼玉県立騎西高等学校長廣瀬成一校長に補される。 
平成23年  3月31日 廣瀬誠一校長退職
平成23年  4月  1日 埼玉県立羽生高等学校長滝田幸雄校長に補せられる。
平成25年  9月30日 電気科実習棟大規模改修工事完了
平成25年11月  2日 創立50周年記念式典を挙行
平成26年  3月31日 滝田幸雄校長退職
平成26年  4月  1日 埼玉県教育局 県立学校人事課主任管理主事髙岡 豊校長に補せられる。

平成28年  4月  1日 髙岡 豊埼玉県教育局 県立学校人事課学校管理幹に補せられ、埼玉県教育局 生徒指導課副課長豊田清明校長に補せられる。

平成28年 7月31日 格技場耐震工事完了

平成31年  4月  1日 豊田清明埼玉県教育局 県立学校人事課学校評価幹兼管理主幹に補せられ、埼玉県立川口工業高等学校副校長染谷明生校長に補せられる。

令和元年10月 7日 普通教室棟全体改修工事完了

令和元年10月23日 普通教室棟空調機械設備工事完了

令和3年 4月 1日 染谷明生埼玉県立川口工業高等学校校長に補せられ、埼玉県立鶴ヶ島清風高等学校教頭荻原康之校長に補せられる。