お知らせ

お知らせ

卒業生等の各種証明書の発行について

卒業生等の各種証明書の発行について
【問い合わせ先】 埼玉県立春日部工業高等学校 事務室
 (電話) 048-761-5235
 (住所) 〒344-0053 春日部市梅田本町1-1-1
 (受付時間) 月〜金曜日 8:45~16:45(ただし、休日は除く。)


1 卒業証明書
 【発行可能期間】 卒業後全期間
 【発行に必要な日数】 即日

 ※但し、資格試験などの特殊な場合は最大1週間ほど時間がかかります。  
 
2 調査書
 【発行可能期間】 卒業後5年間まで発行可
 【発行に必要な日数】 1週間から10日程度
 
3 成績証明書
 【発行可能期間】 卒業後5年間まで発行可
 【発行に必要な日数】 1週間から10日程度
 【備考】 平成9年3月以降に卒業した方については卒業後5年間まで発行.。それ以外の方は卒業後20年まで発行。
 
4 単位修得証明書
 【発行可能期間】 卒業後20年間まで発行可
 【発行に必要な日数】 1週間から10日程度
 
*これらの証明書は埼玉県手数料条例により、1通につき400円分の埼玉県収入証紙が必要になります。
*上記2・3・4について資料の保存期間が過ぎて証明書を発行できない場合、申し出により、その旨を記した証明書を発行します(手数料無料)
*和文以外の証明書はご相談ください。


申請方法
1 事務窓口での申請・受領
【申請書類】 証明書交付申請書兼発行台帳.pdf を窓口で記入。
 クリックするとpdfファイルをダウンロードできますので、印刷して自筆で記入しお持ちいただいてもいいです。
【発行手数料】 1通400円分の埼玉県収入証紙
 埼玉県収入証紙購入場所 
  ・埼玉りそな銀行の県内各支店 
  ・各市役所(さいたま市を除く)、町村役場
【受領時本人確認書類】 運転免許証、保険証等
*代理の方が申請・受領する場合は「委任状」が必要です。
 代理の方の身分証明証(運転免許証:保険証等)を提示してください。 
 委任状.pdf こちらをクリックするとダウンロードできます。 
 
2 電子申請 (申請前に必ず電話連絡ください。)
【申請方法】 電子申請 (クリックするとページが開きます)
 埼玉県電子申請サービスで、証明書発行願の内容を入力します。
【発行手数料】 下記の2つの方法があります。
(1)Pay-easy(インターネットバンキング、ATMから納入)
 詳細は電子申請のページで確認してください。
(2)1通400円分の埼玉県収入証紙
 詳細は電子申請のページで確認してください。
【受領】電子申請でも本人が来校して、下記の書類を提示して受領してください。
(1)運転免許証、保険証等(本人を証明できる書類)
(2)証明書引換証(埼玉県電子申請サービスで発行される)
 
3 郵送での申請(やむを得ない場合のみ)
 まず、電話連絡のうえ、以下4点を同封のうえ、学校事務室宛郵送してください。
【申請書類】 証明書交付申請書兼発行台帳.pdf
 クリックするとpdfファイルをダウンロードできますので、自筆で記入して提出してください。
【発行手数料】 1通400円分の埼玉県収入証紙
 埼玉県収入証紙購入場所
  ・埼玉りそな銀行の県内各支店
  ・各市役所(さいたま市を除く)、町村役場
【本人確認書類】 運転免許証、保険証等のコピー
【切手を貼った返信用封筒(宛名記入のうえ)】

運営経費計算書について

春日部工業高等学校 運営経費計算書について
 運営経費計算書は、厳しい財政状況の中でコスト意識をもって学校を運営する上で、
財務情報を職員・学校関係者が共有することを目的に作成しております。

平成25年度
          1 平成25年度 春日部工業高等学校 運営経費計算書について.pdf
     2 平成25年度 春日部工業高等学校 運営経費計算書.pdf
     3 平成25年度 別表 各項目の内容.pdf
   県立学校全体の計算書についてはこちら    県立学校運営経費計算書について


平成24年度
          1 平成24年度 春日部工業高等学校 運営経費計算書について.pdf
     2 平成24年度 春日部工業高等学校 運営経費計算書.pdf
     3 平成24年度 別表 各項目の内容.pdf
平成23年度
1 平成23年度 春日部工業高等学校 運営経費計算書について.pdf
2 平成23年度 春日部工業高等学校 運営経費計算書.pdf
3 別表 各項目の内容.pdf
平成22年度
1 平成22年度 春日部工業高等学校 運営経費計算書について.pdf
2 平成22年度 春日部工業高等学校 運営経費計算書.pdf
3 各別表 各項目の説明.pdf
    事務室メニューに戻る      

公立高等学校の授業料について

 

公立高等学校の授業料



◎高校就学支援金制度について

授業料の不徴収制度が廃止され、平成26年度4月以降に入学する県立高等学校の生徒を対象に、高等学校等就学支援金制度が実施されることになりました。

高等学校等就学支援金制度とは、保護者等の所得金額に応じて授業料の支援を受けることのできる制度です。

平成26年4月以降の入学者は、原則として授業料を御負担いただくことになりました。

なお、保護者(親権者)の「市(町村)民税所得割額」が304,200円(年収910万円程度)未満の世帯)については、「就学支援金」の申請等の手続きを行うことで、授業料の支援として、就学支援金が支給されます

支給される就学支援金は、生徒が支払う授業料に充てられ、授業料を御負担いただかない(口座引き落としをされない)ことになります。

生徒本人(保護者)が直接受け取る(口座に振り込まれる)ものではありません

就学支援金を受給するには、申請書等と課税証明書等(市(町村)民税所得割額が記載されたもの)の提出が必要です。

なお、「市(町村)民税所得割額」が304,200円以上の世帯では、授業料を御負担いただきます

市町村民税所得割額は、保護者(親権者)の合算により判断します。また、年収は保護者のうちどちらか一方が働き、高校生1人(16歳以上)、中学生1人の4人世帯の目安です。

  

  (参考)
     ・
埼玉県立高等学校の授業料・入学料等のあらまし (埼玉県教育局HP)

     ・
高校生等への修学支援 (文部科学省HP)

 

 

入学料等の減免制度について

入学料諸会費(PTA会費・後援会費・生徒会費)の減免制度があります。
            詳しくは事務室までお問い合わせください。(電話048-761-5235)
1.入学料
 免除額 : 5,650円
・入学料減免要件
①保護者が天災等の災害を受けた世帯
②保護者が死亡または、長期の傷病となった世帯
③保護者の失職・転職等により家計が急変した世帯
④児童福祉法による施設に入所している場合
⑤保護者及びその配偶者が当該年度の住民税所得割を免除されている世帯
⑥児童扶養手当の受給額が限度額以上の世帯
⑦生活保護受給世帯のうち「高等学就学費」を受給していない世帯
・ 申請期間
入学日以降、入学日から起算して3か月以内
詳しくは県教育局財務課の減免制度の案内をご覧ください。
2.諸会費
 免除額 : 月額2,800円 (PTA会費400円、後援会費1,500円、生徒会費900円)
・諸会費減免要件
①児童福祉法による施設に入所している場合
②住民税の所得割を免除されている世帯
③児童扶養手当を受給している世帯
④生活保護を受給している世帯
※入学料が1-①~③の理由で減免許可された場合、諸会費も減免となります。
・ 申請期間
毎月10日から25日
                                                  事務室メニューに戻る